アーティスト支援制度:創作活動のサポート情報

日本では芸術家を創出するための様々な試みをいろいろな部門が行っています。高い才能を持ちながら経済的な理由のためにその才能を生かすことができない人は国内にも多数存在しており、そのような人から才能を磨く場所を奪ってしまう事は文化的な資産を大きく損なうことになる場合が少なくありません。しかしこれらの人々は経済的な理由によりそのチャンスを見出せないばかりでなく、自分自身の才能に気づいていないことも多いため、これを積極的に発掘しその才能を伸ばすための支援を行うことが必要となります。それぞれの団体ではこれをアートスカラシップと位置づけ、そのための学習をする資金を援助したり、その後の活動を支援する活動を行っています。

よんでん文化振興財団

“よんでん文化振興財団とは、四国の芸術文化の振興をサポートするべく、株式会社四国電力が設立しました。設立されたのは平成3年10月で、それ以来四国で活躍する美術・音楽分野の芸術家や芸術家を目指している学生などの支援を行ったり、小学校などに芸術家を派遣して公演や教育を行うといった事業を行っています。