東京芸術文化評議会について

東京芸術文化評議会はホームページで紹介されているように、その活動の概要は文化活動の推進とサポートを行うことです。文化都市政策の一環として行われています。知事に属する公的な機関であり、一年を通して様々な活動を主催しています。

東京芸術文化評議会は定期的に会合を開いていますが、目的は多くの人に芸術文化への理解を深めてもらうことです。芸術文化にはアート、彫刻または音楽などが含まれています。またとりわけ伝統芸能の保護や維持にも力を入れています。伝統芸能には、歌舞伎や落語また講談などです。古くから日本に伝わる様々な伝統芸能を、子供たちにも知ってもらうためにイベントには多くの親子が集まりました。

普段はデバイスでゲームをして遊んでいる子供たちは、特にこうしたアナログの娯楽が必要です。現在東京芸術文化評議会の活動が、特に現在必要とされているのはなぜでしょうか。時代の流れは非常に速く、昨日まで流行していたことがすぐに流行おくれになります。人々は常に新しい事を求めています。過去の事に関心を持たなくなりました。テクノロジーの進化に伴い、リアルなゲームや遊びを知らない世代も増えてきました。

国内各地には古くから伝わる有形無形の文化財が数多くあります。それらを継承する人がいなくなれば、やがて忘れ去られることでしょう。必ず次の世代に残す責任があり、そうしないのはとても残念なことです。人は衣食住だけでも生存することはできます。そうであっても、美しい作品を見たり心動かす音楽を聴いたりすることは人の本能です。衣食住と同じほど基本的な必要です。古来から現代まで人の基本的な必要は変わっていません。

週末ごとにチケットを買って美術館やコンサートに行く人は、人口のうち少数ではあります。それでも家で音楽を聴いたり、美しい写真を見たりすることは日常的な行為ではないでしょうか。大自然というキャンバスに描かれた作品は、最高のアートです。毎日の夕日は一つとして同じものはありません。風についても同じく、一つとして同じ風は吹きません。生活の中ですぐそばにある、美しさに気が付くかどうかで毎日は大きく変わってきます。それだけの心の余裕は生きていくために必要です。電子機器のスイッチをオフにして、窓の外を眺めるだけで癒されるに違いありません。時には東京芸術文化評議会が主催する活動に参加することで、自分の芸術値を高めることができるでしょう。