Category Archives: アーティストへ

プロのアーティストになってキャリアを築くには

プロのアーティストになって活躍したいと考える人は少なくないですが、芸術方面で稼いで生活することは大変だと言えます。現実的な考え方をすると、プロのアーティストになってキャリアを築くことはとても困難です。それでも夢を諦めたくない、目標に向かって突き進みたいと考えるのであれば、具体的な方法を知っておくことが大切だと言えます。

アーティスト活動をする中で自分のマネージャーを見つける方法

アーティストとして活躍したいと考えているのであれば、マネージャーを見つけるべきだと言えます。音楽活動に専念することができるようになるので、スケジュールの管理やスタジオの予約など、重要なことをこなしてくれる敏腕マネージャーを用意しておくべきだと言えるでしょう。しかしながら、いい加減な探し方ではしっかりと仕事をこなしてくれる人物が見つからないです。仕事ができない人物であると、管理や調整、予約などがずさんであり、仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。そこで、アーティスト活動を成功させるためには敏腕マネージャーの探し方を知っておくべきだと言えるでしょう。

プロの画家になるために必要なスキル

子供の頃から絵を描くのが好きで、将来絵を描く仕事に就きたいと思っている人は多い事でしょう。しかしながらプロのアーティストになるための方法は義務教育で教えられておらず、芸術系の大学に進まない限りどの様な道があるかも判然としません。単に絵を描くというだけなら漫画家やイラストレーターなど、目立つ職業で分かりやすい方法もあるのですが、キャンバスに絵を描く昔ながらの画家になるにはどの様なスキルが必要でしょうか。

東京地域芸術文化助成について

東京地域芸術文化助成は、アーツカウンシル東京(東京都文化財団)が主催する無形分際支援事業のことです。東京都内で無形民俗文化財を活用した地域文化の振興に貢献する講演活動や特定の地域における文化資源を活用した事業を実施する場合に、東京を拠点とする芸術団体や保存会などの団体に対して活動経費の一部を助成するというものです。

アーティスト支援制度:創作活動のサポート情報

日本では芸術家を創出するための様々な試みをいろいろな部門が行っています。高い才能を持ちながら経済的な理由のためにその才能を生かすことができない人は国内にも多数存在しており、そのような人から才能を磨く場所を奪ってしまう事は文化的な資産を大きく損なうことになる場合が少なくありません。しかしこれらの人々は経済的な理由によりそのチャンスを見出せないばかりでなく、自分自身の才能に気づいていないことも多いため、これを積極的に発掘しその才能を伸ばすための支援を行うことが必要となります。それぞれの団体ではこれをアートスカラシップと位置づけ、そのための学習をする資金を援助したり、その後の活動を支援する活動を行っています。

よんでん文化振興財団

“よんでん文化振興財団とは、四国の芸術文化の振興をサポートするべく、株式会社四国電力が設立しました。設立されたのは平成3年10月で、それ以来四国で活躍する美術・音楽分野の芸術家や芸術家を目指している学生などの支援を行ったり、小学校などに芸術家を派遣して公演や教育を行うといった事業を行っています。