モノクロの世界観・カリグラフィなどで注目を集めるアーティスト「USUGROW」

USUGROW アーティスト

USUGROWは、イラストレーションやペインティング、カリグラフィといた作品で注目を集める日本の現代アーティストです。1990年代からUSUGROWという名前でアーティストとして活動するようになりました。ハードコアの音楽シーンに多大な影響を受け、パンクやハードコアといったアンダーグラウンドミュージックシーンでフライヤー制作をするようになったのがアーティストとしての始まりです。USUGROWの高い芸術性を持つ強烈なビジュアルとメッセージ性を持った作品は、音楽ファン達を魅了しミュージックシーンを多いに盛り上げました。

プロのアーティストになってキャリアを築くには

プロのアーティストになって活躍したいと考える人は少なくないですが、芸術方面で稼いで生活することは大変だと言えます。現実的な考え方をすると、プロのアーティストになってキャリアを築くことはとても困難です。それでも夢を諦めたくない、目標に向かって突き進みたいと考えるのであれば、具体的な方法を知っておくことが大切だと言えます。

アーティスト活動をする中で自分のマネージャーを見つける方法

アーティストとして活躍したいと考えているのであれば、マネージャーを見つけるべきだと言えます。音楽活動に専念することができるようになるので、スケジュールの管理やスタジオの予約など、重要なことをこなしてくれる敏腕マネージャーを用意しておくべきだと言えるでしょう。しかしながら、いい加減な探し方ではしっかりと仕事をこなしてくれる人物が見つからないです。仕事ができない人物であると、管理や調整、予約などがずさんであり、仕事に支障をきたしてしまう可能性もあります。そこで、アーティスト活動を成功させるためには敏腕マネージャーの探し方を知っておくべきだと言えるでしょう。

プロの画家になるために必要なスキル

子供の頃から絵を描くのが好きで、将来絵を描く仕事に就きたいと思っている人は多い事でしょう。しかしながらプロのアーティストになるための方法は義務教育で教えられておらず、芸術系の大学に進まない限りどの様な道があるかも判然としません。単に絵を描くというだけなら漫画家やイラストレーターなど、目立つ職業で分かりやすい方法もあるのですが、キャンバスに絵を描く昔ながらの画家になるにはどの様なスキルが必要でしょうか。

伝統芸術の専攻がある大学

伝統工芸の職業に就きたいと考えた場合には、さまざまな方法をとることになるでしょう。一つ目は直接職人や工房などに弟子入りをする方法です。もう一つが企業や都道府県などが運営している養成施設に通って技術を学ぶ方法、そして三つ目が専門学校や大学などにある、職人養成コースなどに通って学ぶことです。日本には数多くの伝統芸術を学ぶことができる専門学校などがあります。その中でも芸術科をはじめとした伝統芸術を専攻している大学をご紹介いたします。

ひな祭りの芸術作品

ひな祭りは、日本における女の子の健やかな成長を願うお祭りです。ひな人形は、職人の手により1体ずつ制作されており、美しく精密な技巧が施されています。まるで美しい芸術作品を見ているようです。ひな人形の生産地は関東地方に多く、特に有名な場所として埼玉県のさいたま市岩槻区や、埼玉県鴻巣市の伝統工芸品である鴻巣雛が有名です。近代関東三大ひな市(鴻巣、越谷、江戸十軒店)の一つとして数えられます。鴻巣市で作られている人形は、江戸時代から約400年の歴史を持つ工芸品として広く知られており、埼玉県の伝統的手工芸品にも指定されています。